<自然食について>

last update 24.April.2006


 1998年頃から、穀物菜食を基本にした食生活をしています。

 Macrobiotic(玄米正食)とも言われますが、この「玄米正食」
というのは、あまりに固い名称なので「穀物菜食」の方が、言い
方として氣に入っています。

 普段、食べているもの:

 玄米と旬の野菜、自然塩、一年以上醸造された味噌、一年以上
醸造されたしょうゆ、海草、乾物、豆、そして、粟(アワ)、稗
(ヒエ)、黍(キビ)などの雑穀です。

(雑穀といえば「辻安全食品」ですね)
http://www.tsuji-a.com/tuji/

 大谷ゆみこさんが、「未来食」を提唱されておられるとおり、
本当に上のような素材だけで、数百種類の料理がつくれるんです。
ですので、全然あきません。

 お薦めの、大谷ゆみこさんの著書:

「未来食」、「塩料理」、「味噌料理」といったところでしょう。
(出版社は、いずれもメタ・ブレーン)

「未来食」は、食事の理論の解説。(わかりやすい)
「塩料理」は、自然塩を使った、簡単レシピの本。
「味噌料理」は、おいしい味噌を使った、簡単レシピの本、です。

 どちらかというと長生きしたいから、というより、おいしいか
ら、やめられないといったところです。 



食感も味も大満足!おなかいっぱい!