<オール電化の選択は、原発賛成に一票>

update 24.November.2009

last update 22.June.2011


 オール電化、IH、エコキュート・・クリーンで安全、しかも安価と
いうイメージで流行っていますが、実は、そう簡単なお話ではないんで
すね。 

 オール電化、IH、エコキュートにしようかな、という方はぜひ慎重
に考えてみてください。 


(熱から電気、再び熱に・・) 

 火力発電はボイラーで石炭や石油を燃焼させ、その熱エネルギーで水
を沸騰させて蒸気をつくり、これが発電機のタービンを回して発電しま
す。原子力発電は、火力発電のボイラーを原子炉に置き換え、原子炉で
発生する熱エネルギーで水を沸騰させ蒸気をつくりタービンを回し発電
します。 

 つまり発電する過程で熱をいったん電気に変換しており、それを送電
し、各家庭でIHで料理するために再度、電気を熱に変換しているわけ
です。 

 これは素人が考えても効率がわるそう。 
 いえ、実際、効率はわるいです。 

 原子力発電や火力発電を例にとって考えてみると、100のエネルギ
ーを投入して、電気になるのはせいぜい35〜40%です。じゃぁ残り
のエネルギーはどこへ行っているのかというと、送電ロスが5%程度あ
りますが、ほとんどは発電時に排熱として大気中(もしくは海中)に放
熱しているのですね。 

 もったいない・・ 


(エコキュートの設置 = 原発賛成に一票) 

 あれっ?けど本来そんなに価値の高い電気がなぜ夜間は安いの? 
 エコキュートって夜間の安い電気でお湯をつくっておくのよね。 

 はい。 

 火力発電所や原子力発電所は真夏の昼間14:00頃、会社も家庭も
みんながエアコンを使っている、需要のピーク時に合わせてつくられて
います。(原発は国内に53基あります) 

 ところが夏以外の季節や夜間は電気が余っちゃうんです。 
(揚水発電所で電気を貯めたりしていますが少ない量です) 
(揚水発電所のポンプで一度、水を汲み上げ、流すと3割の電力が失わ
れます。つまり三回、揚水発電所に水を通したら、電気はなくなります)

「夜間は原子力発電所を停止」することができればいいのですが、停止
するのにおカネと手間がかかり、再度、発動するのにおカネと手間がか
かるので、電力会社としては、原発は動かし続けたいんです。(現在、
日本の発電量の30%は原発) 

 従って、余った電気は使ってもらうしかない、ということになってき
ていて、それがオール電化への流れなんですね。 

 つまり、オール電化にして「エコキュート」にすれば「原発賛成」に
一票を投じていることになると言っても過言ではありません。だって、
原発で発電した深夜電力を買います、ということですからね。 


(戦略的な価格設定 → 子孫・子供たちへのつけ) 

 原子力発電所は、少なくとも20兆円かかると言われている使用済み
の放射性廃棄物の管理・処理問題について未解決ですし、万一の事故が
起きた場合、放射能拡散による大きな被害をもたらす危険性が常にある
わけです。 

 オール電化の価格設定は戦略的な価格設定です。なにしろ、従来の「
電気+都市ガス」いわゆる光熱費に勝てる価格設定なのですから。(ち
なみにウチではガスを使っていますがオール電化よりも安いです)しか
し、その価格を決める過程において放射性廃棄物の処理費用について、
その全部は考えられていないようです。(もし処理費用の全部が含まれ
ていたらあんな低価格な設定はできないでしょう)ということは、負債
や放射性廃棄物を子孫に押しつけるいつもの先送り体質がここにも見え
隠れしていることがおわかり頂けるでしょう。 

 オール電化、IH、エコキュートを選んだということは原発賛成とい
う意思表示になりますから、オール電化、IH、エコキュートを選んで
おいて、けれど「原発反対」というのは、やっていることと言っている
ことが矛盾してしまいます。 


(まとめ) 

 ですので、もし「原発反対」と思っているのであれば、自分はもちろ
んオール電化にしてはいけないですし、両親や親戚、また親しい友人な
どが「安いからオール電化にしようと思っているんだ(^^ 」と言ってる
のであれば「オール電化って(原発で発電された)電気を(子孫・子供
たちから了承もなく、電力会社による不当な価格設定によって)一見安
価に供給しているように見えるけれど、原発賛成の意思表示になってし
まうし、放射性廃棄物をさらに多くつくり出してしまう原因になるから
やめた方がいいんじゃない」と教えてあげた方がいいでしょう。 

 もし、オール電化を選んでしまったら、電気・照明をこまめに消す、
とか、スイッチ付きのタップで夜間の待機電力をカットするとか、省エ
ネ電球を買う(これ、お勧め!)とか、そんな努力はふっ飛んでしまい
ます。(もちろん努力した方がいいですけども) 

 オール電化はエコではありません。 
 オール電化は省エネではありません。 
(エコキュート自体の効率がいいので、惑わされやすいけど、1kW 以上
使うのです) 
 オール電化はクリーンではありません。 

 それから原発はCO2を出します。(もちろん放射能も出します)

 そもそも、

 アボリジニ(オーストラリア)やホピ族(U.S.A.)などが住んでいる、
すぐ近くのウラン鉱山からウラン鉱石を採掘する段階で周辺は放射能汚
染されます。

 そして精製工場でウラン鉱石からウラン燃料を精製する段階でCO2
が出ます。

 そのウラン燃料を(オーストラリアなどから)はるばる日本まで船で
運ぶのでここでも当然CO2が出ます。

 また、発電後、

 放射性廃棄物を冷却しておく(30〜50年)のにプールの中のポン
プを電気で動かしています。ここでもCO2が出ます。(電気を使って
いるのですから)(これは中国電力さんが回答してくれました)

 原発はCO2を出すと、政府から公表された資料にきちんと記載され
ています。
 http://badi8.blog37.fc2.com/blog-entry-45.html


(電気は高級エネルギー) 

 念のため申し上げますと、電気に反対しているわけではありませんよ。

 冷蔵庫も洗濯機も掃除機もPCもオーディオも動かすことができる高
級エネルギーである電気を(IHのように)熱エネルギーという低級エ
ネルギーに変換して使おう、という発想自体に無理があるということを
申し上げているのです。 


(IHの危険性) 

 しかもIHの電磁波は電子レンジよりも深刻だと聞きます。電子レン
ジには壁がありますが、IHにはないので、奥様が料理中に30分以上、
定常的に電磁波を浴びてしまいます。また電子レンジ、IH共に料理自
体が電磁波を浴びているので食物の細胞が壊れてしまい、からだにもよ
くないことが最近の研究で明らかになってきています。 

 IHが安全というCMもひどい。料理中の事故は熱湯をかぶるやけど
が最も多くこわい事故だと思いますがIHなら防げるのでしょうか。や
けどの危険性はガスと同じです。いえ、むしろガスよりもこわいのでは
?ガスは火が見えているので子供も本能的に近寄りませんが、IHでは
火が見えないので子供が近寄る危険性があります。大人でもこわい経験
をした人があるでしょう。 


<エコキュート> 

 夜間の安い電気でお湯をつくっておくという史上最低の温水器。 
 原発は止められないから〜(こまめにON/OFFできない) 
 夜間に電気が余っている。もうダブダブ。
 電力会社はこれをタダでもいいから使ってほしい。 
 電気は貯められないから。(小型バッテリーはもちろん存在していま
すが、百万人のための大型バッテリーは存在しないのです)
(しかし、キャパシタに期待しています)

 けど、ちょっと待った! 
 原発から出る核廃棄物(放射性廃棄物)の処理方法を人類はまだ知ら
ないんだよ。 

 で、その核廃棄物の処理費用は夜間の電気料金に含まれているの? 
(核廃棄物は百万年、誰かが安全に管理し続けなければなりません。そ
れは放射能の半減期は途方もなく長いため)

(半減期の例)
・プルトニウム239 (2万4千年、アルファ線)
・ウラン235 (7億年、アルファ線)
・ウラン238 (45億年、アルファ線)

(回答)核廃棄物の処理費用は夜間の電気料金に含まれておりません。
   (電力会社からの回答によると一部だけは含まれているそう)

 だったら夜間の電気を安く売ったらだめだよ!>電力会社 
 みんなが飛びついちゃったじゃないかー、安い電気料金にさ。 

  電力会社は夜間のダブついている電力をなんとかしたかった。 
→ 打倒ガス会社だ、と思いついた。 
→ ガス代に負けない戦略的な安い価格設定がなされた。 
→ 原発で発電する従来の発電方法を続けられる見通しとなった。 

 う〜ん・・ 

 核廃棄物は子供たちや子孫がなんとか処理してくれるだろうって? 
 そういう先延ばし体質は断じて許せない。 

 問題なのは電力会社だけではない。 
 オール電化の広告に踊らされている消費者もそうだし、 
 オール電化の広告を打っている住宅メーカーやIH、エコキュートの
メーカーや各工務店のすべてが「思考停止状態」になってしまっている。

*

 もしオール電化・IHの台所で料理中のお母さんのお腹の中に赤ちゃ
んがいたら? 
 もっとも、電磁波の影響を受けるのは胎児、赤ちゃん、子供。 
 だって、細胞分裂している成長期だからね。 

 ということは・・ 
 いまの大人たちは、子供の命をこれっぽっちも大事にしていないこと
になる。 

 もう一度言う、

 電磁波や放射能の影響を強く受けるのは胎児、赤ちゃん、子供。 

* 

 先日、和歌山の工務店の方に「オール電化」の上記問題点について話
をしたら一発で理解してくれました。とてもうれしかった。早速、その
工務店の方は会社に戻り、いままでの営業方針とは180度向きを変え
た「オール電化」をお勧めしない工務店へと大きく舵をきっています。

 オール電化の住宅にガス管を通す仕事もこれからは伸びるでしょう。
 もっとかんたんにLPガスの設置の仕事も伸びるでしょう。

* 

 そうそう、 

 しかしながら、「電力会社」は敵ではありません。 
 実は味方でもあるんです。 

 原発はコストが合わないのでやめたいと考えているらしい。 

 また、六ヶ所村の再処理工場は、まったくコストが合わないのでやめ
たいと考えているらしい。東京電力の社長もわずか三年前まで六ヶ所の
稼動には反対していたんですね。 

 MOX燃料(プルトニウムとウランの混合燃料)を使う危険なプルサ
ーマルもコストが合わないのでやめたいと考えているらしい。(使用済
みMOX燃料の捨て方も決まっていない。危険過ぎて埋められない!そ
れでも地層処分しようとしている・・こわいです)

 ですので、電力会社の社員さん、ひとりひとりと会って、ゆっくりお
話したいとも思っています。 

 オール電化、IH、エコキュート、ぜひ、一度考えてみてくださいね。

               ふじかわ おさむ  at 和歌山市

 P.S.

 中日新聞・東京新聞の社説に、なんと「プルサーマルはもう一度、
ちゃんと考え直すべき!」という文章が掲載されました。
 http://badi8.blog37.fc2.com/blog-entry-77.html


Top Page