<マクロビオティック>

last update 24.December.2007


 「リビング和歌山」に掲載されました。 2007. 7. 19

*

  マクロビオティックのお料理っておいしい!

 2002〜2003年にリマ・クッキング(初級・中級・上級・師範科)
4コースを習得しました。(直子)
(初級・中級・上級、ともに3ヶ月間です)(師範科は半年間)

 わずか、12回(初級3ヶ月間)で、見違えるような料理を
作れるようになりました。(おさむの感想です)たとえば、ひ
じき煮だって味が以前とは違うんです。(ひじき煮って、砂糖
は不要なんです)

 とっても、おいしい。

<圧力なべ>

 玄米を炊くときは、圧力なべを利用しています。
 炊き方も、こつさえ掴めば、そんなに難しくない。
 電気釜よりも、柔らかめに、ふっくらおいしく炊けます。

 玄米のおいしい炊き方

 ぜひ、おためしあれ! *  わたくしも、一人暮らしの頃は、なるべく自炊していました。  圧力なべで玄米を炊いて、大根を煮て、ねぎ味噌をつくって、 サツマイモの味噌汁を飲んでいました。とっても体調がよかっ た。  食後は、三年番茶。梅干もおいしいですね。  一人暮らしで、自炊をしないなんて、もったいないなぁ。 *****  ところで、  からだには「酵素」が大事なんですね。  大きく分けると二つの酵素があります。 ・消化酵素 ・代謝酵素  では、どんな食事法がいいの?  朝、起きたらまず水を飲む。 (のどが渇いてなければ飲まなくてもOK)  数分おいて、  果物か生野菜を食べる。  これで朝食はおしまい。(^^  昼食も夕食も  まずは果物か生野菜を食べる。  15分おいて  マクロビオティックやアーユルヴェーダなどの調理した(火を入れた) 料理を食べる。  間食はしない。(空腹感を楽しみましょう♪)  これで、胃腸はぐっと調子がよくなります。  マクロビオティックの考え方はもちろんすばらしいのですが、  酵素を軽視しているように見受けられます。  陰陽だけではすべては語れません。  酵素が大事なんです。  マクロビオティックでは、果物や生野菜はからだを冷やすからと、 生野菜よりはむしろ温野菜を摂るように勧めます。  しかし、温野菜には酵素はほとんど残っていません。  ですので、生野菜や果物が重要なんです。  このあたりを「腸」上映会でわかりやすくお話しています。。  お楽しみに〜♪ (お薦めの著書) ・病気にならない生き方 新谷弘実 サンマーク出版  100万部突破 ・ナチュラルダイエット ハーヴィー・ダイアモンド Discover  全米で1200万部突破(この本が薄くておすすめ!) ・フィット・フォー・ライフ ハーヴィー・ダイアモンド グスコー出版  全世界で1200万部突破

この海苔巻きがなんともうまい!(^^


Top Page